FC2ブログ

間取り図


解体前の間取り図

間取り図の話。築50年超にもなると、図面もそれなりに年季が入っています。と言っても、すでにリフォーム済みのため、すでに間取りは現状が図面通りではないのですが、一応、出発点として引っ張り出してきました。

なんと手書きです。

図面(リノベーション前)

3DKという間取りでしょうか。『ザ・団地』な間取りですね。大抵リフォームで1室+DKを繋げて、LDKにしているケースが多いのですが、私の部屋もリフォーム前はそうなっていました。ちなみに、私の家はこの図面とは左右反対の間取りです。

同様の団地のリフォーム済み物件の間取りを見てみましょう。

図面(典型的なリフォーム物件の間取り)

DKをLDKに変更するのに加えて、洗濯機を置ける脱衣所のスペースを無理やり捻出していますね。洋室が子供部屋、和室が両親の部屋とする感じでしょうか。ただ、洗面と洗濯機が洋室のスペースを削ってしまっているのが問題です。一方で玄関入ってすぐのスペースが、いまいち効率が悪いように思います。ここは要は、トイレや部屋にアクセスできれば良く、しかも、窓も無く暗いスペースで居住スペースというよりは、廊下のような場所。50平米の部屋にとっては、『住む』のに必要無いスペースがこんなにもあるのは無駄です。

もう一点の問題は洋室のアクセスがLDKに面しておらず、玄関から直接アクセスできる事。これは、マンションだろうと一軒家だろうと発生する問題ですが、この洋室を子供部屋にしてしまうと、LDKに入らずに自室に籠ってしまう事になりますから、それは避けたい。かといって、主寝室にしても、LDKから、空調の無い玄関スペースを通って部屋に入らなければならないので、夏は暑く、冬は寒い。これも今回のリノベではどうにかしたい問題です。

あと、これはある程度やむを得ないのですが、団地の部屋に住んでいるor訪れたことがある人は分かると思いますが、「トイレ狭くね?」って思いますよね。トイレは排水管の関係で、なかなか移動が大変ですが、これもどうにかしたいポイントです。

狭小部屋のリノベーションに強い色々な建築士のサイトを見て回ると、壁を全部とっぱらって、寝室すらLDKの一部みたいな間取りも見かけます。写真写りは良いのですが、どう考えてもDINKSか、子供が巣立った後の夫婦向け。暇さえあれば飛び回っている子供が二人もいて、その間取りでは、部屋がぐちゃぐちゃになるのは目に見えています。

子供が飛び回ってという事を考えてると、散らかっても良いPrivate空間と、きちんと片付けるPublic空間はきっちり分ける間取りにする必要があります。しかも、これまでの人生を通じて、自分が片付け下手なのは思い知っていますので、なるべくならPublic空間にごちゃごちゃ物を置きたくない。ですから、収納はなるべくPrivate空間に追いやりたいです。

あと、団地も築50年にもなると、建物的な制約もあります。団地リフォームの注意点として、ラーメン構造と壁式構造が良く言われています。古い団地は殆どが壁式構造といって、壁で建物の躯体を支えています。なので、壁を取っ払えないから、間取りに制限があると言われています。でも、この問題は我が家はOKでした。部屋が狭いので、取っ払えない壁は、隣の部屋との間の壁のみだったからです。なので間取りは自由自在です。

ただ、一か所だけ、風呂は今回のスケルトンリフォームでも手を付けず、そのまま残しました。団地の風呂は狭いので、大きくしてユニットバスを入れるようなリフォームをされる方も多いですし、風呂の場所を全く変えてしまうような事をするケースもあると思いますが、今回はパスしました。

というもの5年~10年後のスパンで風呂無いにある立管を外に出すという工事が予定されていたからです。風呂を手つかずにしておかないと、その工事の時に、折角のリフォームした部分を壊す羽目になってしまいます。なので、風呂の位置はそのままで、シャワー水栓は取り換えるものの、風呂のリフォームは今後の配管工事の時にしようという事になりました。

家が50平米しか無いと言うのを棚に上げておいて、夫婦でワイワイと好き勝手な夢のマイホームを考えるわけですが、設計要件をまとめると次のようになります。

  1. 風呂に脱衣所を設ける
  2. Private空間を隔離しつつ、Public空間のLDKを最大限広げる
  3. できるだけ収納はPrivate空間に
  4. できればトイレを広く
  5. できれば洗濯機のスペースも室内に設ける
  6. 風呂にはは手をつけない

どう考えてもこれでは注文が多すぎます!!「無い袖は振れぬ」とはこの事ですね。しかも、Private空間には私達夫婦の主寝室、息子の部屋、娘の部屋と3区画必要です。

かくして、このリノベーションのコンセプトを

『潜水艦のような狭くてぎっちり詰まったPrivate空間と広大なPublic空間』

として、このすべての我儘を盛り込むべく、設計を進めました。(まぁこんな無理のあるテーマだったので、前回の記事に書いた顛末で設計士に逃げられたのかもしれませんが、私はこーゆーレギュレーションがキツイ方が燃える性格です。。。)

という訳で、長くなってしまったので、どんな間取りになったかは記事を分けて次回書きます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。