FC2ブログ

間取り図


団地にミーレの食洗機

リノベーションの最終段階、キッチンの据付が始まって居ますが、ついに大物の機械類が設置されました。まずは食洗機。フランスに住んでいた時は大きなビルトインの食洗器(AEG製)がすでにキッチンキャビネットにビルトインされていて、大変重宝しました。なので、今回のリノベーションでも、ビルトインの食洗器はとくに重要アイテムです。

メーカーは、国産だとPanasonic、外国だとミーレ、カゲナウ、AEG、ボッシュ、アスコ等沢山選べます。外国のメーカーは価格帯はピンキリで、安い機種も出しているのですが、例によって、日本の代理店は高い機種しか入れませんし、Panasonicも結構なお値段ですのですし、これでは普及しようが無い気もします。

そんな中から選んだのはミーレの45cmモデル。ツェルマットにスキーしに行ったときに借りた部屋に同じ物が備え付けられていたのですが、それで使い勝手を確認済みだったのが、ポイントです。

ミーレは45cmと60cmをラインナップしていて、それぞれ、操作パネルが前面に出ているものと、操作パネルが隠れているものと二種類あります。また、操作パネルが前面にでている方は、最初から面材がついているモデルと、自分で好きな面材を付けられるモデルや操作パネルの色などが色々と選べます。操作パネルが隠れている方は、面材に取っ手を付けるモデル(G 4880 SCVi JPG 6762 SCVi JP)と、取っ手が無くてノックで開けるモデル(G 6994 SCVi JP※幅60cmのみ)があります。

我が家の食洗器は、幅45cmの取っ手を付けるオール面材タイプG 4880 SCVi JPです。

ミーレ食洗器(G 4880 SCVi JP)

オール面材タイプなので、扉が閉まっていると、そこが食洗機なのかどうかすら分かりせんね。

個人的には、このモデルが一番売れ筋かと思いきや、ミーレの営業の人に聞くと、操作パネルが表についている方が人気なんだとか。なんでだろう。

このタイプ、操作パネルがどこについているかと言うと、ちょっと開いた所に上向きで付いています。

ミーレ食洗器(G 4880 SCVi JP)

こっちの方が見やすいような気がしますし、何よりも、キッチンがごちゃごちゃしなくて、個人的にはオール面材タイプ一択でした。

扉は、がばっと開けて、かごを引き出すタイプ。Panasonicが頑なにスライドオープン式のをつくっていますが、絶対にこっちの方が使いやすいと思います。

ミーレ食洗器(G 4880 SCVi JP)

ミーレの特徴は一番上に薄型の籠があって、ここに箸やナイフフォークを並べて入れられます。縦に立てるより、便利そうです。

さて、次回は反対側に設置したIHとオーブンを紹介します。

食卓
まだ工事中ですが、イメージを出すためにバスクリネンのランチョンマットを敷いてみました。こんな感じで二人の子供達を挟んで四人で食卓を囲みます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。